観葉植物

カルシウムの摂取で予防

笑い顔

効率良く摂取するために

骨粗鬆症とは、骨密度が下がって骨が問題を生じやすい状態になることです。骨粗鬆症になると、具体的には骨が変形したり折れたりしやすくなります。そしてカルシウムのサプリメントは、この骨粗鬆症の予防効果があることから、高い人気があります。骨はカルシウムを材料として作られているので、カルシウムを摂取すれば骨が頑丈になっていくのです。牛乳を飲んでもカルシウムを摂取することはできますが、牛乳にはカルシウムが体内に吸収されることを阻害する成分も含まれています。そのためより効率良くカルシウムを摂取するには、サプリメントを利用する必要があります。また骨粗鬆症の発症率は、50代になると急激に高まっていくため、50代の人の多くが、予防のためにカルシウムのサプリメントを飲んでいます。

空腹時や夜寝る前に

カルシウムのサプリメントは、空腹状態がある程度続く時に飲むことが適しています。なぜならカルシウムには、胃酸の力を弱らせる性質があるからです。そのため食事の直前や直後などに飲むと、胃の中に入ってきた食べ物が消化されにくくなるのです。胃酸の力が弱っているわけですから、十分に消化されるまでに時間がかかるという、いわゆる消化不良の状態になってしまうのです。食べ物は食後2〜3時間ほどで消化されるので、その後でカルシウムのサプリメントを飲めば、消化不良を起こす心配は少なくなります。また、夜寝る前に飲むことも効果的とされています。夜間は成長ホルモンが分泌されやすいので、それまでにカルシウムを摂取しておけば、成長ホルモンの影響で骨は一層頑丈になりやすくなるのです。

Copyright© 2015 【痛みに効果アリ】動きづらくなる関節痛はサプリメントで治すAll Rights Reserved.